回復期リハビリテーションであなたの望む“生活力”を取り戻して、笑顔のある活き活きとした生活に!
医療法人偕行会 偕行会リハビリテーション病院 0567-52-3883
基本理念・方針 当院について 回復期リハビリテーション病棟 透析センター 外来・訪問リハビリ 地域連携室 求人情報


当院について about hospital

◆院長からのご挨拶

院長 田丸司高齢化社会を迎え、近年、リハビリテーションに対する需要と期待が高まっていると考えられます。このような情勢のもと、偕行会リハビリテーション病院は、医療法人偕行会グループの一員として、リハビリテーション医療を担うべく、平成14年9月1日に現在地に開院致しました。病院、診療所の先生方のご紹介により、おかげさまで、多くの入院患者様を受け入れることができました。

当院は、基本理念に基づき、一貫したチーム医療を基本とした診療を行っております。訓練室で一定の時間行う機能訓練だけではなく、病棟・居室などのすべての生活で寝たきりを予防し、機能回復を図り、生活全般を活性化することがリハビリテーションだと考えております。そのために必要とする設備・人材を揃え、よりよい環境でリハビリテーションに専念できる体制を整えました。

入院の対象となる患者様は、発症後2ヶ月以内の回復期リハビリテーションの適応のある方で、具体的な対象疾患は偕行会リハビリテーション病院の入院基準をご参照ください。

退院後は、以前の家庭生活に戻り、社会生活にも参加して頂くことを第一の目標にしております。この3年間で約70%の方々が自宅へ帰られました。家庭復帰の割合をさらに向上させるべく努力してまいります。

なお、当院では海部地区における透析ベッドの不足に対応すべく、 新たに透析センターを開設し、平成20年8月18日より診療を開始致しました。
偕行会としましては17番目の透析施設です。 ベッド数は40床です。
長年、偕行会が培ってきました技術、温かい心を以って透析医療を行っています。慢性腎不全の患者様のお役に立てればと念願しております。



医療法人偕行会 偕行会リハビリテーション病院
〒490-1405愛知県弥富市神戸五丁目20番地 TEL 0567-52-3883

Copyright Kaikokai Rehabilitation Hospital.All Rights Reserved.