ボツリヌス療法専門外来

ボツリヌス療法専門外来

「脳卒中後遺症のリハビリテーション」

ボツリヌス治療とは、ボツリヌス菌(食中毒の原因菌)が作り出す天然のたんぱく質(ボツリヌストキシン)を有効成分とする薬を障害となっている筋肉内に注射する治療です。
ボツリヌストキシンには、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があります。そのためボツリヌストキシンを注射すると、筋肉の緊張をやわらげることができるのです。
ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、ボツリヌス菌に感染する危険性はありません。当院では手足(上肢・下肢)のこわばりに対して治療を行っています。

【診療日時】
月曜日13:00~、または13:30~の完全予約制です。(祝日を除く)

【お問い合わせ先電話番号】
0567-52-3883

専門外来のご案内
→PDFファイル