不妊治療中と産み分けの両立は贅沢ではない!ベイビーサポートはおすすめ

ベイビーサポート 産み分け

子供が出来にくいのに、さらに産み分けしたいだなんて贅沢??

いいえ、そんなことはありません!

なかなか子供が出来にくい不妊治療中の人だからこそ、チャンスを逃さずに希望する性別の赤ちゃんを産みたいというのは、自然と思う事です。

「不妊治療も大変だし、うちは一人っ子でいいわ」という人なら尚更、産み分け法を実践したいものですよね。

今回は不妊治療中の産み分け法について詳しく調べてみたのでご紹介していきます!

不妊治療中に産み分けに挑戦は出来る?

まず、大前提として、今現在日本でできる産み分け方法として、100%成功する方法はありません。

あくまでも希望の性別に確率を上げるためにできることをしていくようになります。

不妊治療中の人の中には、一人でもいいから子供を授かりたい、けれど、できれば男の子がいい、女の子がいい、という希望は少なからずあるはず。

実際に、不妊治療をしながら産み分け方に取り組んだ人は大勢います。

贅沢なんてことはないので、希望したい人はかかりつけの医師に相談してみてください。

不妊治療の産み分けが出来る人、出来ない人

不妊治療中の産み分けには、出来る人と出来ない人がいます。

海外(アメリカなど)では、人工授精・体外受精をする時に、病院で染色体から男女を識別してもらった精子を卵子と受精させ、その受精卵を体内へかえすという方法が行われていますが、日本ではまだ倫理的に認められていません。

なので、不妊治療で人工授精・体外受精の方法を推薦されている人には、残念ながら産み分けは難しいというのが現状です。

タイムミング法までの不妊治療の人なら同時に産み分けも挑戦することができます。

では実際どのように行っていくのでしょうか?

そもそも産み分け方ってどんなもの?

産み分け法には言い伝えなども含め、様々な方法があるとされています。

食べ物や飲み物で、男の子を授かりやすい身体、女の子を授かりやすい身体に体質を変えていく方法や、電磁波、排卵日で産み分ける方法、セックスの挿入の深い浅いで産み分ける方法など様々です。

産み分け ゼリー

病院で産み分けを行っているところは、身体を酸性に保つことで女の子、アルカリ性に保つことで男の子が生まれやすいとされているので、飲み薬や潤滑ゼリーの処方で体質をコントロールをするようです。

ただ、産み分け法は、女の子が欲しい場合、排卵日二日前を狙うので不妊治療中では妊娠しにくくなる可能性があるのは難点です。

しかし、どの方法にも確実性はなく、100%とは言えないので、望んだ性別でなかった場合にはショックは大きいかもしれませんね。

とはいっても、生まれてくる命、がっかりしては子供が可哀想なので、あくまで確率を上げる程度に考えた方がよさそうですよね。

費用はどれくらいかかるの?

不妊治療費にさらに産み分け法と、費用がかさむのは仕方のないことですが、それぞれいくらくらいかかり、合わせて月にどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

今回は、タイミング法と産み分け法の費用について、それぞれ調べてみました。

タイミング法費用

タイミング法は、病院での問診、血液検査、超音波検査、排卵チェックなどの検査があります。

超音波検査は原則、月1回までは保険適用内で、それを超えると実費になります。

主に、超音波検査の回数、薬の種類や量などによって費用は左右しますが、およそ2,000円~20,000円を考えていた方が良いでしょう。

病院に通わずに自己流で、排卵日チェッカー、基礎体温表をつけるなどすれば1,500円~5,000円でおさえられそうです。

産み分け法費用

産み分け法は自由診療になるため、保険は適用されません。

病院によって費用は異なりますが、一例をのせておきます。

・初診料・・・約10,000円

・ホルモン血液検査・・・約2,000円

・超音波検査・・・約2,000円

・頚管粘液検査・・・約1,000円

・モン尿検査・・・約1,000円

・リンカル(1ヶ月分)・・・約3,500円

・産み分けゼリー(4回分)・・・約10,800円

産み分けにかかる期間などで、費用は大きく左右されます。

不妊治療と産み分けを合わせて、月におよそ1万円~3、4万円は覚悟していた方が良さそうですね。

産み分け法で検査が重なれば重なるほど費用はかさむので、病院には通わずに市販の産み分けゼリーを使う人も多いんですよ。

市販で買える!?産み分けゼリー

産み分けゼリーは病院で処方されることもありますが、市販で買うことも出来るんですよ!

市販の方が値段も安く、手に入れやすいので人気があります。

ベイビーサポート

現在市販で売られているのが、ベイビーサポート

最近新しく出た産み分けゼリーで、最大のポイントとしては余ったら返金してもらえる制度があるというところ。

おめでた返金キャンペーンとして1本1,000円で買取してくれるそうです。

ベイビーサポートのゼリー、容器、袋、箱すべてが安心の日本製で、天然成分で作られています。1箱7本入りで、ハローベビーゼリーよりほんの少し高いですが、返金制度がある分、現在はこっちの方が人気みたいです。

病院で処方してもらうのは気が引ける・・という場合は、ベイビーサポートがおすすめです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる