妊娠しやすいBMIは?痩せすぎも太り過ぎもNG!

不妊は太りすぎや痩せすぎが原因となることも多いです。

少しぐらい太っていたり痩せていたりするのはあまり問題はないですが、標準体重よりあまりにもオーバーしていたり、
逆に痩せすぎたりすると、体のホルモンバランスが崩れ、排卵障害、着床障害が起こってしまいます。

では、妊娠しやすい体重BMIはどのくらいなのでしょうか?

最も妊娠しやすいBMIは22

妊娠するのに最も良いBMI値は22だと言われています。
これは標準体重に当たります。

BMI22は人によっては少し多すぎると感じてしまうかもしれませんが、妊娠するのにはこれくらいがちょうどいいのです。

私は不妊治療を開始した当初はかなり体重が重かったですが、60キロ程度に落とした時に妊娠が分かりました。

それだけが不妊の原因だったかは分かりませんが、肥満は妊娠しづらい原因を作ってしまう可能性があることは間違いありません。

また痩せすぎもホルモンバランスが崩れ、無排卵月経を引き起こしてしまったり、不妊の原因となると言われていますが、

芸能人などを見ていると、かなり痩せている人でも妊娠していたり、私の周りの人を見ていても細目の人でも妊娠している人は多いので、

BMIが18以上あればあまり気にしなくても良いような気がします。

どちらかというと太りすぎの方が妊娠に影響が及ぼすような気がします。

それに、妊娠に良い食生活や生活環境、運動などを取り入れていると、自然に痩せてくるはずです。

逆に、見た目を気にして痩せすぎの体をキープしている人は、痩せた体を保つのと妊娠するのとどちらを希望しているのか良く考え、妊娠したいのであれば、少し体重を増やす努力もしてみてくださいね。

太りすぎや痩せすぎは不妊だけでなく、成人病の原因にもなってしまいますので、適正体重に近づけれるよう生活を見直してみましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる