男性の肥満も不妊の原因に!

不妊症の原因の一つに、女性の肥満が関係することは有名ですが、

でも、実は女性だけでなく、男性が肥満でも不妊症になる確率が上がってしまうという研究結果が出たそうです。

目次

男性の肥満が生殖能力を下げる

オーストラリアのアデレード大学を中心とする研究グループが、生殖と胎児に関する専門誌リプロダクティブ・メディシン誌オンライン版で2015年8月10日に報告した。

 研究グループによると、母親の肥満が受胎能力や子どもの健康に及ぼす影響については多くの研究があるが、父親の肥満に関しての研究ははるかに少なく、その結果もさまざまだったという。

 研究グループは、世界的な学術論文のデータベースから、肥満の男性と生殖能力について調べた30研究を選び、関連性を分析した。

 分析対象となったデータベースは、具体的には「パブメド(PubMed)」「オービッド(Ovid)」「ウェブ・オブ・サイエンス(Web of Science)」「スコーパス(Scopus)」「シナール(CINAHL)」「エンベース(EMBASE)」というデータベース。

 検証対象となった生殖能力とは、不妊に至る確率、妊娠や出産との関連性、胎児や子どもの発達、精子の量や形態および状態、DNA断片化、クロマチン凝縮、ミトコンドリア膜電位など。

 分析対象となったのは、合計11万5000人だった。

 分析の結果、男性の肥満が生殖能力を下げていると分かった。

 不妊に至る確率が34%高く、生殖補助医療で妊娠に漕ぎ着けたとしても、妊娠が続かない確率は3倍近くに高くなっていると分かった。

 肥満の男性では、精子の質低下の指標となるミトコンドリア膜電位の低下、細胞死を示すDNA断片化が起こっているほか、形態異常を示す精子の割合が多くなっていた。

 研究グループは、男性も女性も、生殖能力を高める観点からも、健康的な体重と食事を維持することが重要だと見る。

オーストラリアの大学の研究により、上記のような結果が出たそうです。

肥満の男性は、不妊症になる確率が34%高く、妊娠が継続しない確率も通常と比べ3倍も高くなるという結果が出たそうです。

その原因として、肥満の男性は精子の質の低下する確率が高いからのようです。

男女ともに肥満を解消して妊娠しやすい体質に!

今までは、女性の太りすぎによる肥満ばかりに注目がおかれ、女性だけが頑張ってダイエットをしたり食事制限をしたりしている夫婦も多かったかと思いますが、

男性の太りすぎも不妊の原因になることが分かったので、これから男性側も痩せる努力を心掛けた方がよさそうですね!

特に男性は女性より見た目をあまり気にしない方も多いので、痩せたいとすら思っていない方も多いと思います。

でも、肥満気味の男性の方で、精子の状態が悪いと分かっている人は、もしかするとダイエットして痩せると精子の状態も改善するかもしれません。

夫婦ともに太りすぎの場合は、これを機に、二人で一緒にダイエットを始められてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる